HOME

更新履歴(新着情報)

警察や刑務所の失態で国民は落ち着かない

昔からあるのは誤認逮捕そしてその結果、えん罪となり裁判で無罪になる事例。さらには交通違反をした車を追跡している最中にその車が事故を起こし、被疑者が死んでも「追跡内容は妥当だった」との警察の弁。軽犯罪でいえば盗撮や万引きをする警察関係の人は数知れず。

そして時事ネタとして話題になったのが、指名手配犯がわざわざ出頭してきたのにイタズラ犯と独断で思い込み追い返す始末。さらには刑務所の壁が工事中という状況で、監視体制の不備により脱獄犯を街中に逃してしまう失態。なぜこういった失態が多いのか、市民の一人として非常に疑問。

確かに追跡事故を起こすとか盗撮をする警察官というのは、その個人の技量とか資質など個人の問題なので、組織全体の責任にするのには当てはまらないかもしれない。

しかし刑務所の壁を工事しているのなら、その間だけガードマンだけでなく刑務官を常時配備すれば良いし、出頭してきた人が本物かどうかを自分だけで判断せず追い返す前に上司に相談するなど、「ちょっとした配慮があれば防げたことができない人がなぜか多い」と最近、特に感じます。

これはひょっとすると「人に相談するのが苦手、面倒に感じる人」が増えたのかもしれません。

ですが、誰かに相談したり複数のグループで判断したほうが最善の方法が生まれたり、えん罪を防げるし、それでも失態が起きたとしても市民からすれば「そこまでしても防げなかったのなら仕方がない」と納得すらできます。

世の中が不景気になれば必ず犯罪は増えます。だからこそ警察およびその関係の人には閉鎖的な考えではなく「自分達が日本そして地域を守る」という気位を持って欲しいものです

HOME